ああ日本共産党か

父の十三回忌

今日1月17日は阪神淡路大震災から23年になりますが、父も同じ日に亡くなりました。波乱万丈な人生を送った人ですが、なくなるときも憶えやすい日を選んでくれたものです。

Dsc04310_3

朝お寺に行き塔婆をいただいて、仏壇に供えました。本来ならお墓に建てるのですが、うちはお墓がないので、法事などはいつも祭壇に立てます。

まあ父は無神論者の様な人間でしたので墓などなくても気にすることはないでしょう。母は普通のひとでしたので、お墓のことは気にしていました。

でも私は建ててあとあと世話をする自信がなく子供にも負担をかけたくないという思いがあって、ほっておいています。妻は父が嫌いでしたので、何にも「関係ない」とドライもんです。

ああ日本共産党か

今年は正月から不幸ごとが続き、隣保で一件、仕事の取引先で一件葬式がありました。隣保の家は家族葬でしたので本葬はいかず、お通夜に行き、隣保一同で真言を唱え、故人をしのびました。

大阪にいる、亡くなられた方の弟の一人にご挨拶申し上げたのですが、私は幼少のときなので憶えてないようで、「敏樹の息子です」といってもわからない。「池の堤で鶏を飼ってたでしょう」と言っても首をかしげる。

ちょっと間をおいて「ああ日本共産党か!」と大きな声で、やっとわかったようで、父の遺徳が偲ばれる?ひと時でした。

今年は帰国65周年

平和が一番

私の家族4人が中国から帰国して65年になります。その年1953年ごろ中国には国共内戦とそれに引き続く朝鮮動乱で、大陸への交通は遮断し、約3万人の日本人が取り残されていました。

私の両親は中国人民解放軍で働いていたのですが、日本では行方不明者で、故郷の家族は知る由もなく、死んだものとほとんどあきらめていたそうです。

朝鮮戦争は、北朝鮮軍が鴨緑江まで追いつめられていたのが、中国人民義勇軍の参戦により、ソウルまで押し戻しその後一進一退で膠着状態に陥り、休戦の話し合いがもたれたのが幸いして、周恩来が日本政府に残留日本人の名簿を渡し、両親の居所が分かりました。

其の後尼崎にいた伯母から河南省信陽にいた両親のもとに手紙がきたそうです。

もし朝鮮戦争が休戦にならず戦闘状態が続いていれば私たち家族をはじめ日本人残留者は帰国できなかったでしょう。まことに平和のありがたみを思わずにはいられません。

現在の朝鮮半島危機は私にとって他人事ではありません。日本政府は圧力、圧力と危機をあおり、軍拡をすすめていますが、とんでもないことです。

一刻も早く緊張が緩和されることを願わずにはいられない年初めです。

内藤いづみさんの講演会に行ってきました

「産声を上げるとき息をひきとるとき」

10月9日(月)ソーシャルデザインセンター淡路(SODA)設立6周年記念に開かれた、上記の題名の甲府市在住の内科医内藤いづみさんの講演会に行きました。

内藤さんは末期がんや進行がんの人々を支える在宅ホスピスケアを30年以上されている内科医です。

感動的なお話をたくさんされたのですが、その一つにナチスの絶滅収容所を体験したフランクルの「夜と霧」のお話がありました。

絶望収容所

収容所から生還できた極少数の人たちは、共通の性格というか能力があった。それは仲間が次々とガス室に送られ、絶望の淵で生活を送る中でも、ちょっとした光景ーー沈む夕日を見て「美しい」と感じたり、収容所の片隅でふと咲かせる小さな花に心をとめる感性を持った人が生き残ったーー

私は「夜と霧」をもう30年くらい前に読んだことがある。今回内藤さんの講演を聞き、3年前に死んだ母のことが思い出された。

母は昭和20年8月15日、日本敗戦後ソ連軍にとらえられ、中国の朝鮮国境付近にある延吉収容所に入れられた。収容所で母たちは病気で倒れた兵士の看護にあたったが、満足な食事もなく、医薬品もなく、厳寒30度にもなる満州の厳しい冬将軍と伝染病の蔓延で、なすすべがないまま日本人兵士たちは倒れていった。

シラミの大移動

母は私が子供のころから、満州時代の話をよくしたが、定番のエピソードがあった。

捕虜収容所で毎日20人30人死んでゆく状況というのは、ナチスの絶滅収容所も変わりません。人間が死ぬことに、麻痺しなんの感動もなくなるようですが、それでも毎日死にゆく病人を看護していると「病人の中で明日死ぬ兵隊さんは必ずわかる」と母はいうのです。その話をしている母の表情は、子供の私でさえ、不謹慎とも思えるぐらい、いつも生き生き、ニコニコしているのです。

病人になっても、兵隊さんは着たきりスズメで不潔そのもの。シラミがいっぱい湧いている。それを退治する薬もない。

「それがある日突然、患者にシラミが一匹もいなくなるんよ!!」

その患者は翌日必ず冷たくなっているという。

「あれは不思議やったなあ。人間にとって嫌なシラミもこの世では共生していて、シラミに見放されると人間もお陀仏や」といつも笑い話で終わるのです。母が絶望収容所から生還できたのは、フランクルの話にも通じるユーモアを延吉で持ち続けたからだろうか。

内藤さんは、昨年亡くなった永六輔さんと長年交友があり、永さんから人間、笑うことの大切さを教えられたといいます。人間誰しも死ぬことは怖い。そんな終末期の患者を支えてきた内藤さんの話に時間を忘れて聞き入りました。

最後に小林啓子さんのミニコンサートで、喜納昌吉の「花」がうたわれた。

~泣きなさい 笑いなさい いつの日かいつの日か花を咲かそうよ~

中学校の武道に銃剣道を加える

3月31日、文部科学省は中学の武道に銃剣道を加えると発表した。銃剣道とは戦前、銃剣術と呼ばれ、軍事教練の必須科目だった。

突き主体の攻撃で相手の喉と左胸を狙う完全な戦闘技術である。

実戦で旧日本軍は、38年式歩兵銃の先に、通称ゴボウ剣と呼ばれる短剣を装着して突撃を敢行した。

Dsc03045_3
私の父は昭和13年、14歳の時「義勇軍」に志願して満州に行った。訓練所では開拓農業の傍ら激しい軍事訓練が施された。

Dsc03044_2
特に、青年学校法により訓練所内に、青年学校が併設されてからの軍事教練は、徴兵検査までに必修時間受講が義務付けられた。

Dsc03046_2写真は家の光協会発行 満蒙開拓青少年義勇軍写真集より

白兵突撃主義

日露戦争で、弾薬不足に悩んだ陸軍が依拠したのは歩兵による白兵主義(銃剣突撃)だった。第一次世界大戦で欧米列強が総力戦、物量戦を戦いぬき兵器も格段の進歩を遂げたことに、軍首脳は驚愕したが、資源のない日本はそんな贅沢な戦いはモッタイナイと、軍の近代化は限定的にとどまり、機械化や装備の劣勢を精神力で補おうとした。

1909年に改定された歩兵操典では「歩兵は戦闘の主兵にして、戦闘に最終の決を与うるものなり」と歩兵中心主義が打ち出され、「戦闘に最終の決を与うるものは銃剣突撃とす」と白兵主義が前に出た。さらに忠君愛国の至誠をもつ攻撃精神あれば兵力が少なくとも勝てると精神力を強調した。

中国人刺突訓練

父が関東軍に入隊したのは昭和20年5月だった。初年兵教育の仕上げに刺突訓練が行われた。その時生身の中国人が立ち木や杭に縛られ「肝試し」が行われたという。戦前軍国主義の時代とはいえ、戦場に行き、普通の農民や市民が人殺しを簡単にできない。それをさせるには「藁人形ではなく生身の人間で練習するのが有効だ」と「老河口作戦」で有名な藤田茂騎兵第四旅団長も言っている。このような訓練を日本軍は中国であたりまえにやっていた。

安倍内閣はやっていることの意味が分かっているのだろうか。3歳児から日の丸・君が代に親しみさせ、愛国心を涵養させる。小学校では教育勅語でイザとなったら国のために死ぬのがスゴイと教え、中学校になると人殺しの技術である銃剣術を教える。

私の父が受けた教育と同じことをしようとしている。この行き着く先は日本国の崩壊だろうか、いや先に崩壊するのは内閣だろう。

産経新聞に樋口季一郎の記事

3月25日(土)産経新聞の淡路欄に樋口季一郎の記事が載っています。

数日前に産経新聞洲本支局の中野さんから電話があり,樋口の写真がないかとのことで、来訪されました。伊弉諾神宮の宮司さんが連載記事を持っており,樋口のことを書くので、写真を貸してほしいとのこと、パソコンに入れてあった何枚かを見てもらって、新聞に載ったのがこの写真です。

中野さんは前もって私のこのブログを見ていたらしく、父のことやら、樋口のことなどいろいろ、話をしました。

Dsc03043

私は最近、樋口の礼賛記事には、ステレオタイプのものが多く、食傷ぎみで、率直に苦言を呈しました。昨年、孫の樋口隆一さんが来島したおりも、申し上げたのですが、ユダヤ人を救出した数字が2万人というのは、間違いであり、誇大な数字の一人歩きはかえって事件の信ぴょう性に疑問を持たれ、なにより樋口本人の名誉を傷つけることになると。

一時間余り、波乱万丈の父の話など織り交ぜて歓談しました。シュムシュ島の戦いで北海道占領をまぬがれた。などの話は俗論であり私は明確に理由を説明して否定しましたが、なかなか理解が得られないようで、まあ産経さんならしゃないねえ、と私も記事にはこだわりません。宮司さんがなにを書こうと言論の自由で、記事の編集権は産経にあるし、私が文句をつける筋合いはありませんが、明らかな間違いの「ユダヤ人救出2万人説」が書かれていないのが何よりでした・・・

中野さんもおっしゃっていましたが、「野口英世なども教科書に書かれていることと、実際の人物はまるで違うらしい」と、なかなか真実というのはわからないものですね。樋口の全体像についてはずっと思案中で、将軍の立場からではなく一兵士の父の立場からなど、いろいろの角度から書いていきたいと思います。

«忠ならんと欲すれば孝ならず

2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ