« 公安刑事1 | トップページ | 公安刑事2 »

ブログの内容について考えています

 この2~3日どんな風に書いていったらよいか思案していました。下の娘が小学校の時ブログをしていたというのでちょっと聞くと、頻繁に更新して新しい記事を書いていかないと、誰も読んでくれなくなるというので、ちょっと焦りました。「父の15年戦争」は平均して2ヶ月に一本しか書いていなかったからです。本格的に記事を書くには資料の読み込みが必要ですし、私の実力ではかなり時間がかかります。

 昨日、本屋で小林よりのりの「昭和天皇論」というマンガを立ち読みしていたのですが、その内容の一部は

ー彼の父親が、マルクス主義者で昭和天皇の物まねが得意で「あっそう」とギャグにしていたほどの反天皇主義者であった。小林よしのりもその影響を受けたが、母親に叱られて立ち直った。また父は共産党に入ろうとしたが、母に共産党なんかに入ると結婚をしないと言われ、やめた。「愛はマルクス主義思想より強い」などと母親を絶賛していたー

 よしりんは「自分は父親から左翼の反骨精神を受け継ぎ母親から尊王精神を受け継いだと」自画自賛(エエトコドリ)していたが、実は父親からナンパの体質を母親から戦前のアナクロを受け継いだのではないのかと私は思いました。それでこの程度のネタでマンガがかけるのなら、私も書けると。とりあえず父の思い出を書いていきます。身内の恥をさらすのは忍びないのですが、ネタは山ほどあります。第1回は「公安刑事」を書きます。

« 公安刑事1 | トップページ | 公安刑事2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/33968669

この記事へのトラックバック一覧です: ブログの内容について考えています:

« 公安刑事1 | トップページ | 公安刑事2 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ