« 留用された日本人「母の場合」8 | トップページ | 今世源氏(でこてん)について »

阿万上町伝統文化子供教室

 上町公会堂で毎年夏休みに開いている伝統文化子供教室に行ってきました。南あわじ市阿万地区は伝統芸能の盛んな土地柄ですが、私の住んでいる上町はその中でも最も活動的な町内会の一つです。

 上町踊りは明治のころに始まったといわれています。昔は盂蘭盆の行事として青年団が中心になって盆踊りをやっていましたが、過疎と少子化で青年団が衰退して、伝統芸能の継承が困難になり長い間休止していました。このままではいけないという事で7年前から町内会が中心になり上町踊り保存会を結成して小学生を対象に踊りを教えています。

男の子の「毛槍」です。

P1000902_3 奴さんの衣装を着て槍を持って踊ります。田植えの踊りが入っていて、最後の方になると拍子木と太鼓のリズムが早くなり、こどもの踊りがついていけなくなる姿がユーモラスです。

P1000883_4   

女の子の「花踊り」です。昔の農作業の形が入っています。

1.梅は咲いたが桜はまだですか 柳なよなよ風しだい 山吹や浮気で色ばっかりしょんがいな

2.春ははまぐりしじみはまだですか まてはうろうろ汐しだい こかいは浮気で色ばっかりしょんがいな

3.車できたがのりてはまだですか お客ゆるゆる行きしだい 三味線太鼓で女郎ばっかりしょんがいな

4.ことしゃ世がようて穂に穂が出たわいな 家内もろうてはらつづみ 隠居もおもやも米ばっかりしょんがいな

5.月はまんまるえがおで出たわいな 中で兎が餅をつく 桂男がチョイト食べてあんまんま

P1000864_3 P1000863_3   女の子の「でこてん(傘踊り)」です。「今世源氏」が正式な題名です。でこてんという意味がよく分からないのですが、歌詞を読むと、優雅な恋の歌のようです。斜線の部分は今は略して歌っています。

今世源氏(でこてん)

あまのまてかた まてしばし よぶこえ とどく ひとごとを

たれにかつげの ふたつぐし みつしおの

よるのくるまの われからと 

ないてわかれしきぬぎぬの そでやたもとよ うらみわび

すえはどうなることじゃやら いやぁよいよい よいよい よいやな それえい

こちはさわりのないみさお ただひとすじにいとまきの しめくくりして

あいのてに あうときばかり ひきよせて うらむてんじよのくだかけは

やこえやつじにあけそめて のこることばの かずかずを

ひとめのせきをしのびごま きみにおうよのうきなはいやよ

とかく おもいのままならん まてばかんろの ひがらがさ さしかけて

つきもかさきて かようらん ふみは いもせの はしとはいえど

のくの あわぬのと くぜつのたねよ かおはもみじのはしたなく

はもじ はもじや かささぎのはし だます ことばのはしとは

ほんにしらつゆの ふみなかえして まるきばし

いやあ よいよい よいよい よいやな それえい

P1000896_4 踊りのバックには歌、三味線、太鼓、拍子木が付きます。私は7年前踊りが復活したときに町内会の役員だったので、拍子木をやるはめになり、長老から教わりました。冷や汗タラタラです。

P1000897_3

« 留用された日本人「母の場合」8 | トップページ | 今世源氏(でこてん)について »

郷土芸能」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/36018391

この記事へのトラックバック一覧です: 阿万上町伝統文化子供教室:

« 留用された日本人「母の場合」8 | トップページ | 今世源氏(でこてん)について »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ