« 中国のレアアース「禁輸」について | トップページ | 神戸新聞に日本人元紅衛兵の記事 »

「日本人のための戦略的思考入門」を読んでいます

 外務省の元外交官で去年まで防衛大学の教授であった孫崎享(まごさき・うける)の最新著書を読んでいます。日米安保に対する日本人の神話を打ち破る画期的な内容だと思います。今回の尖閣紛争前に出されたものですが、「米国は領土問題に中立である」との的確な読みもあり、皆様にもお勧めします。

 それにしても前原外相の言動はひどいですね。「中国の態度はヒステリー」だとか、「尖閣棚上げは鄧小平が勝手に言った」とかいうのは、日本外交の道義が問題にされかねないと思います。「尖閣の実効支配を続けるため国会議員は身体を張ってやる」なんてことを言っていますが、勇ましい言葉に酔っているようです。孫崎さんは、日中平和条約締結時の「尖閣棚上げ論」は日本の実効支配を認めているので有利だと言っていますが、前原外相の挑発的な言動は実効支配を危うくして本格的な紛争になりかねない危険なものです。

口先だけの煽動家は外相にふさわしくありません。即刻辞任すべきです。

孫崎さんも怒っています  孫崎享ツイッター

« 中国のレアアース「禁輸」について | トップページ | 神戸新聞に日本人元紅衛兵の記事 »

尖閣問題・領土問題」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/37335789

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本人のための戦略的思考入門」を読んでいます:

« 中国のレアアース「禁輸」について | トップページ | 神戸新聞に日本人元紅衛兵の記事 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ