« 「尖閣ビデオ」流出報道の問題点、神戸新聞の場合 | トップページ | 元「義勇軍」の渋谷京介さん来宅 »

漁師の話から中国漁船衝突・拿捕事件を考える

 知人の漁師に衝突したときの中国漁船のスピードを聞いたところ、12~13ノット(約20キロ)ぐらいだろうと言っていました。牧歌的なスピードです。チャリンコでも出るスピードです。まず衝突したとき、時速20キロというスローなスピード下で起こったことを確認したいと思います。
 「みずき」がUターンして漁船の前に躍り出てそのまま漁船のやや前に位置して併進していたときから、衝突まで中国漁船は速度を上げた形跡はありません。というより上げる能力が無いのです。逆に「みずき」が速度を下げたことは確実です。あるテレビの解説者は黒煙を漁船が速度を上げた証拠だと言っていましたが、濡れ衣です。あの黒煙はエンジンが高回転していることを示している。ウオータージェットは速度を落とすとき逆方向に噴射するのでエンジンは高速回転したままで、軸スクリューも逆回転している。
ならんで、やや漁船が後部にいた状態で左に舵を切っただけでは当たらない、速度を上げるか、「みずき」が速度を落とすかどちらかです。全速(時速20キロ)で走っている漁船はそれ以上速度を増す余力はない。対する「みずき」はUターンした直後に漁船に近づくため幅寄せしながら急制動をきかせて速度を落とした。急に割り込まれた漁船は止まれないため舵を切った。

 私の周りには漁師や客船の乗務員、運搬船を持っている人など色々いますが、意見を聞くと、中国漁船の速さは「改造していない限りあんなもんだろう」という事です。漁船で早いのは運搬船で35ノット(鮮度優先)は出る。遠洋、近海、沿岸、マグロ漁、カツオ漁、イワシ漁、イカナゴ漁、イカ釣り・・・さまざまな目的でエンジンは皆違う、最近の傾向として燃料代が高くつく早い船は好まれなくなっている。ウオータージェットの漁船もあったが、メーカーは作るのをやめている。モグリ(密漁)の船はかなり早くて40ノットは出る。
 モグリなど密漁を取り締まる組織は日本では水産庁で、海上保安庁は協力をするが、管轄が違う。農水省へ勤めている友達の話だと、水産庁の漁業取り締まり船は遅いので、モグリを捕まえるときは積んでいる性能の良いモーターボートをおろして捕まえに行くとのことです。

 中国では、この漁業取締船と同じ役割をするのが漁業監視船で産経新聞などは尖閣の接続水域にきただけで、まるで蒙古襲来のように騒いでいますね。この時期中国漁船はカワハギ漁で大勢来ている。今、尖閣問題で日本がピリピリしているので中国は揉め事をこれ以上起こしたくない。それで自国の漁船が来るのを監視している。中国漁業省の監視船は日本の水産庁の船と同じ非武装ですね。
日本の漁船はカツオ漁、で少ない。カワハギは大衆漁で値が張らないので高い燃料代を使ってあわないのだろうか。数年前漁船の燃料A重油が高騰して漁に出られなくなり、漁師が漁船でデモをしたことがありますね、現代漁業は元手がかかる。

 漁船の速度、燃料代の関係を考えると、普通の漁船は軸に変速機がついていないので、スピードの出るエンジンを積むと燃料代が高くつく。それで中国漁船の場合コスト優先で遅いのだと思います。中国船衝突・拿捕事件が起きたときスパイ船だとか工作船の噂が流れた。(いまも信じている人はかなり多い)マスコミ報道が扇情的で、能力の無い普通の漁船が何故、20ミリ機関砲で武装されている巡視艇に体当たりするのか?という疑問のためだ。スパイ船ならやりかねないと。もし事実なら那覇地検が取り調べたときにわかる。発表すれば中国の立場が無くなる。国際的に弁解できない。日本は堂々と送検できる。よってスパイ船というのはデマ。

 私が今回の事件で中国船が「体当たりしてきた」という、マスコミ報道に疑念を抱いたのは生活実感からです。10月28日付けの産経新聞によると漁船は10ノットで航行していて12~13ノットに速度を上げて巡視艇にぶつけたと書いていますが、この記者さんの速度感覚の無さは江戸時代の人と変わらないのではないでしょうか。自転車や車にのれば、時速20キロがどの程度ぐらいはわかるでしょう。衝突前10ノットが12~3ノットに加速したというのは、なんではかったのでしょうかね。レーダーで速度取締りの場合、2割の速度差は誤差の範囲です。40キロ制限を取り締まる場合51キロ以上出していないと捕まえない。また漁船の場合普通20ノットの速度が出るように書いてあるが、これは一般的な場合で、中国船がそれだけ出るという事ではない。産経もかなり意図的に書いていますね。私はビデオで中国船の航行を見ていて、一番煙突から煙が出ていたのはスタートしたときでした。走り始めると煙は薄くなる。このエンジンの特性は低速域でトルクが強く、.元々速度域が狭いので高速と言うほど早くならないが、走り始めるとトルクが少し弱くなる。したがって全速航行をしていて衝突直前、加速をするだけの余力は無かったと思います。

 

« 「尖閣ビデオ」流出報道の問題点、神戸新聞の場合 | トップページ | 元「義勇軍」の渋谷京介さん来宅 »

尖閣問題・領土問題」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中国の密漁船の取り締まりなどはポーズだけだ。
だいたい日本の取締りが甘すぎるのだ。日本の罰金も軽すぎる。
他の国では発泡、拿捕が当たり前だ。

中国の密漁船は、国際法、国際海洋法違反の現行犯である
中国密漁船が、日本の赤珊瑚を強奪・略奪行為をして、日本の資産を強奪・略奪行為という犯罪行為をしているのだ。
まして、領海侵犯、領海侵略、排他的経済水域(EEZ)侵犯、排他的経済水域(EEZ)侵略という犯罪をしている。
中国密漁船は国際犯罪をしているのだ。まして、この海域は海洋自然保護区域だ。

中国の密漁船などは、航空自衛隊、海上自衛隊、海上保安庁、警察庁、水産庁の航空機及びP1哨戒機、P3C哨戒機で、まず領海、排他的経済的水域にいる全密漁船に
威嚇の爆撃とミサイル攻撃すべきである。
密漁船は撃沈させず、全密漁船を拿捕し、密漁船1隻あたり、罰金100億円を科し、
乗組員全員50年の懲役に科すべき。

日本の宝珊瑚の財産を強奪・略奪している連中である。このくらいは、当たり前だ。
小笠原諸島、伊豆諸島、沖縄諸島の漁民の生活権の問題になっている。漁業が出来ない有様だ。早急に実行すべきである。

最近コメント欄に関係のないことがらを書く人が多いようです、領土問題と密漁は別
問題です。密漁は犯罪であり中国政府も取り締まり強化を言っています。帰港すれば船を破壊すると言っていますね。かなり厳しい措置だと思いますが。
違法があれば現行犯で捕まえればいい話です。反中ムードをあおって過激な言動をして何が解決をするのですか?

犯罪者は日本でも中国でもどこにでもいます。政府が協力して取り締まればいい話です。麻薬の密売でも一緒でしょ。

なおコメント欄は社会的な常識と礼儀を守って書いてください。必ずしも本名を書かなくてもいいですが、ふざけたハンドル名や「あらし」とこちらが判断すれば削除します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/37855058

この記事へのトラックバック一覧です: 漁師の話から中国漁船衝突・拿捕事件を考える:

« 「尖閣ビデオ」流出報道の問題点、神戸新聞の場合 | トップページ | 元「義勇軍」の渋谷京介さん来宅 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ