« 淡路島「丸山西国三十三観音霊場」 | トップページ | 同窓会 »

厄払い

 私は今年数え年60歳(満59歳)で還暦を迎えます。当地方は42と60の歳に男性(女性は33と60)は厄払いをします。42歳の時は、かなり派手にする人もいて、30年ほど前、NHKの新日本紀行でとりあげられ、お祝いをもらった「お返し」に洗濯機を配り、大宴会をやっている様子が放映され話題になり、淡路島はトンデモナイところだと、誤解をされました。皆が皆そんなに派手にやっているわけではありません。個人で財力のある人は何百万もかけますが、これは例外で一般的には同級生で実行委員会を組んで還暦記念行事を取り組みます。

 還暦記念行事第一弾に、2日南あわじ市北阿万薬王寺で厄払いを行いました。

P1010781 徳島県日和佐にある薬王寺へは42歳の厄除けのときに皆は行きましたが、私は寝坊をしてキャンセルしました。今回は地元の薬王寺ですので余裕でいけました。

P1010787 「八十八ヶ所参り」の順番を待っています。四国八十八ヶ所の寺の掛け軸がかけてあるので順番にお賽銭とお札をいれて詣り厄除けを祈願します。

P1010796 最後にはお賽銭やお札が足りなくなったりするので多めに用意してあるとの事ですが、余れば最後にまとめて収める箱があります。10分ぐらいで四国八十八ヶ所詣りができて便利ですが現代人はいい加減ですね。私はもっといい加減で、こんな写真をとって、罰当たりです。そのあと住職の講話を聴きまして、厄除けの護摩をいただきます。

Memo0047 次の舞台は亀岡八幡宮に移ります。

P1010816 数年前に拝殿を建て替えまして綺麗になっております。

P1010823 神社では長寿祈願です。宮司さんが祈祷してお祓いをします。そのあとありがたいお話を聴いて一件落着です。

P1010824_2

Memo0050

最後に破魔矢、お守り、お札、お神酒、その他いろいろのお土産をもらって二つ目の課題を終えました。

« 淡路島「丸山西国三十三観音霊場」 | トップページ | 同窓会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/38343545

この記事へのトラックバック一覧です: 厄払い:

« 淡路島「丸山西国三十三観音霊場」 | トップページ | 同窓会 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ