« 「尖閣事件」元保安官を起訴猶予 | トップページ | 最近、葬儀会館が増えています »

神戸のじゅんく堂書店にいきました

 1月23日、親戚が神戸の病院に入院していて、お見舞いに行って来ました。淡路行きの高速バスが三宮から出ていて、バスターミナルの前のダイエーの中にじゅんく堂があるので、神戸に行った時は必ず寄ります。

Pa0_0001 数年前まで数多くあったあからさまな「反中国本」は前ほど置いていません。

Pa0_0003副島隆彦の本は売れているみたいで、大抵の本屋にあります。

Pa0_0008_2

煽動家、強面アーミテージの本を買おうと思ったのですが文春2月号を買っていたのでやめました。このオッサンが跳梁跋扈するとキナ臭い匂いが漂います。

元中国大使の宮本雄二著「これから中国とどう付き合うか」を買い、帰りの高速バスの中で読みました。妻は私が本屋にいるあいだ、元町の南京町で豚饅頭を買っていました。

Memo0072

老祥記(ろうしょうき)のぶたまんです。少し小ぶりで一個90円です。妻はここの豚まんが大好きで神戸に行くと必ず買ってきます。抜群の味です。豚とネギに醤油だけのシンプルな味付けです。玉ねぎは入っていないようです。ほとんど豚肉の味で具が締まっていて独特の食感があり、これぞ豚まんです。皮も醗酵していて風味があります。

100コも買ってきました。妻もますます豚まんに近づいています。

« 「尖閣事件」元保安官を起訴猶予 | トップページ | 最近、葬儀会館が増えています »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/38592743

この記事へのトラックバック一覧です: 神戸のじゅんく堂書店にいきました:

« 「尖閣事件」元保安官を起訴猶予 | トップページ | 最近、葬儀会館が増えています »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ