« 神戸新聞の三つの記事 | トップページ | 北方領土4島返還の幻想 »

元海上保安官が尖閣ビデオ流出で講演

 2月14日時事通信

 沖縄・尖閣諸島沖の漁船衝突のビデオ映像流出事件で、起訴猶予となった一色正春・元海上保安官(44)が14日、東京都内の日本外国特派員協会で講演し、「(映像を秘密にするのが)政府の命令だが、国のため国民のための観点から判断し、今回の行動に及んだ」と述べた。ー中略ー
 会場にいた石原慎太郎都知事が「愛国的な行動に敬意と感謝を表す。退職したのは残念」と持ち上げると、元保安官は「退職は組織のルールを破ったけじめなので後悔していない」。「英雄やヒーローと言われるのは間違い」とも述べた。

 2月14日産経新聞
 一色元保安官は海上保安庁の業務について「日本は国土が狭いが、排他的経済水域は広く、これを守っているのが海上保安庁。当然、国境警備隊の仕事も兼ねている」と説明。

 さらに、日本の現状に関して、「現在、日本はいくつもの領土問題を抱えています。最近はそれに加え、尖閣諸島にもそういう問題をつくろうという動きが出てきている」と指摘した。

 中国は名指しせず、“その国”と表現し、「“その国”は南シナ海で行った方法で日本に侵略を開始したとも受け取れる行動を取り始めた。その一環が、昨年9月に起こったことで、私が11月に流したビデオを見ていただければ分かる」と話した。
 元保安官は、「侵略」という言葉を使っていますので、ビデオの内容は、中国が尖閣を盗りに(不法)行っていることを示しているという認識ですね。「組織のルール(法)を破る」のを承知で国民に知らせたと言っている。それにたいして石原都知事は「愛国的」と持ち上げています。
私はこれまで「尖閣事件」をいろいろ書いてきましたが、180度違う彼らの認識が何故生まれるのか。
 この10数年石原都知事など中国は分裂する、崩壊するといい続けてきました。しかしさまざまな問題があるにしても、北京五輪、上海万博の成功など誰の目にも中国が崩壊する兆しがなくなると、中国が攻めてくると言い出した。歴史的にこの150年余り弱かった中国がやっと強くなってきたのは事実です。
 恐らく小心者の石原などは、強い中国に恐れを抱いている。東京都知事に当選したとき横田基地を日本に取り戻すなどと大法螺を吹いたがすぐ何も言わなくなった。強がりを言う人間ほど、強いものにひれ伏す。もし中国がアメリカをしのぐような国になれば、石原のような人間は真っ先におべっかいを使うようになるのではないか。
 

   孫崎享ツイッターより 

8月、9月保安庁尖閣周辺で外国漁船で退去警告件数は総数514件。513件まで何の事故もなく退去。事件を起こしたのは一隻だけ。だったらこの一隻の行動が特異と判断するのが普通。すでにツイート済みのように10月6件、11月0件、12月2件、これを見て中国事起こす意志 ありとみる?
 私は事実から物事を出発しなければ何も始まらないと思います。「この一隻の行動が特異と判断するのが普通」私は孫崎氏の分析能力を高く評価していますが「特異な行動」は保安庁が拿捕しに行ったからおきたと考えています。
 孫崎氏も中国漁船がぶつけてきたと思っているようですが、尖閣周辺の現状から中国は日本と事をおこすつもりは全く無いと言っています。「尖閣映画」の威力はすごいですね。孫崎氏のような優秀な人でも映像のマジックに騙されるのですから。

« 神戸新聞の三つの記事 | トップページ | 北方領土4島返還の幻想 »

尖閣問題・領土問題」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あの映像は全編見ないとわかりませんよね。
1部分切り取っているだけだから。
漫画(『社長●●』)でも一応フィクションと断りながら、
あれは実は軍艦を偽装したものなんて設定が
描かれていますが、そういうの止めてほしいです。
だいたい日本古有の領土というのもウソだし。

反日ワクチンってブログを読んでみたら?
当時の本や外国人の書いた本から抜粋してある。
私の親戚には戦争経験者もけっこういるけど、あなたのような考えの人は全くいない。
日本人は中国に贖罪感を持つよりチベット人に罪悪感を持つべきだと思うよ。
チベットは中立を貫いたばかりに独立を失った。

>JANJANに掲載された記事

失礼。
真正サヨクでしたか。
言うだけ無駄でした。

 反日ワクチンというブログたまに読みます。チャンネル桜はよく見ます。彼らはほとんど同じ事ばかり言っていますね。隣国をボロクソに言ってどんな未来を開こうとしているのだろうか?結論は軍備増強?私は戦前の週報とか情報局の宣伝雑誌は300冊ほど持っていますが、彼らの頭の中身は戦前の帝国日本の広報誌と同じですね。
 私は中国に対して贖罪意識はもっていません。しかし両親の世代が戦前やった事実ぐらいは最低知らなければ、アジアの人と仲良くできないと考えます。
 私の父も戦争のむごい事はほとんど語りませんでしたが、死ぬ前にかなりしゃべってくれました。その事実は後世に伝えていく価値はあると考えます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/38871988

この記事へのトラックバック一覧です: 元海上保安官が尖閣ビデオ流出で講演:

« 神戸新聞の三つの記事 | トップページ | 北方領土4島返還の幻想 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ