« 牛乳とホウレンソウから放射性物質 | トップページ | 原子力安全保安員が逃げ出して、思い出した話 »

原発事故で横須賀の米軍 全面撤退か

横須賀アメリカ軍の基地が撤退を始めています。 基地のレストランで働いているものですが、軍のすべての人が撤退をはじめていて、すでに子供たちと奥さんたちはアメリカに帰りました。 軍人さんすべては22日までに帰国するそうです。また、空母ジョージ・ワシントンも南のほうへ移動する準備をしています。福島原発が脅威でないなら、どうしてこのような大きなオペレーションがあるのでしょうか。 18日からは基地のレス

ヤフー知恵袋に乗ったこの記事は削除されていますが重大なニュースです。テレビはまだなにも言っていませんが・・・

産経新聞の記事

2011.3.21 16:02

 米原子力空母ジョージ・ワシントンが21日午後1時10分ごろ、配備されている米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)を出港した。基地関係者によると、福島第1原発事故を受けての退避措置とみられる。在日米海軍司令部は「あらゆる任務に対応する準備はできているが、航路は未定」としている。空母は4月上旬ごろまで横須賀基地内で定期メンテナンスを続ける予定になっており、途中で切り上げての出港となった。今後、米国でメンテナンスする可能性もある。米国防総省は福島第1原発事故を受け、同原発半径50カイリ(約93キロ)圏内への米兵の立ち入りを原則禁じている。在日米海軍司令部は横須賀基地と厚木基地内で微量の放射性物質を検出したとして将兵や家族、基地従業員に屋外へ出ないよう通知している。

首都圏の人は注視する必要があるようです。

« 牛乳とホウレンソウから放射性物質 | トップページ | 原子力安全保安員が逃げ出して、思い出した話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/39320185

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故で横須賀の米軍 全面撤退か:

« 牛乳とホウレンソウから放射性物質 | トップページ | 原子力安全保安員が逃げ出して、思い出した話 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ