« 2号機のタービン建屋から1000万倍の放射能 | トップページ | 母の骨折と病気 »

原発事故の近辺の児童は緊急疎開が必要

4月2日孫崎享ツイッターによると

橫須賀米国海軍病院は非公式に5才以下の子供に離日を勧告、また2才以下は離日すべしと親に助言。3才児持つ親に病院から離日勧告

 また第1原発事故の緊急事態に備えて、ゲーツ米国防長官がCBRIF(化学生物兵器事態対応部隊)と呼ばれる放射能専門部隊155人の日本派遣を承認していたが、今朝先遣隊の15人が横田基地に到着した。今後放射能の汚染は長期化し事態は重くなる。未来を担う子どもの安全が脅かされている。緊急に福島県ならびに近県の乳幼児や児童を疎開させる必要がある。

« 2号機のタービン建屋から1000万倍の放射能 | トップページ | 母の骨折と病気 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

明治5年の確認(シーボルト事件後)は土地の敷地境界測量(伊納忠孝方式)と
証券化に有り毎年確認し正確を記し諸外国に示しました。

人口調査も通商条約締結に必要な身分統一は欧米方式を
戸籍を毎年確認され戸籍台帳の正確を記し諸外国に示しました。

明治12年に無国籍人や遺棄児が数十万人確認されました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/39472554

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故の近辺の児童は緊急疎開が必要:

» 勇気を持った決断が必要だ。 Tokyoianblogは福島原発から半径100km圏の乳幼児の避難・一時疎開を推奨します。 [TokyoianBlog]
一医療従事者として、一危機管理の専門家として、後世に影響が残る可能性が少しでもあるときに、その対策を怠り、その情報を与えないというのは、後世への恥となる。 たとえそれ ... [続きを読む]

« 2号機のタービン建屋から1000万倍の放射能 | トップページ | 母の骨折と病気 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ