« 円と元 | トップページ | 上海の煙草売りの少年 »

無農薬玉ねぎ

 淡路島ではもう直ぐ玉ねぎの取入れが最盛期に入る。うちの周りは田んぼだらけで、この時期はレタスが終わり、玉ねぎの葉っぱが青々としている、4月ごろから「早生」の収穫が始まっているが、まだまだ少なく6月になると一番多い「なかて」が始まる。
稲は実が黄金色になり収穫の時期が誰でも分かるが玉ねぎはどこで見分けるのだろうか。実は土の中で外からはわからない。引っこ抜いても色艶で見分けられないし、大きさも個体差が在るので熟成を判断できない。じつ(実)は葉が倒れて判断するのだ「もうそろそろ熟して美味しいわよ、あま~いあたしを食べて」としなっと身を崩す。そこから約10日ぐらいで収穫が始まるが本当は完熟するまで1ヵ月ぐらい待ったほうが美味しくなる。
Memo0116 左側の玉ねぎは葉が倒れて熟し始めているのが分かる。右側の玉ねぎの葉は植えるのが遅かったため、まだ立っている。
無農薬玉葱

 私が子供の頃、父の実家が耕していた田んぼを一反ばかり食い扶持に借りて、米を作っていたことがある。その頃の農業は機械化されてなく、人と牛の力で全てをやっていた。田んぼを耕すのは牛の役目で、大きな鋤を後ろに取り付け引っ張る。70代の祖父が器用に手綱をひき「ボウボウ!」と田の中で牛を追っていた。田植え、草取り、稲刈り、脱穀、父が鍬を担いで働いているのを見た記憶が無い。
 昭和30年代、淡路島南部の農家では裏作に麦を作っていたところが多かったが、あまりに安い価格に耐えかね(貧乏人は麦を食えといわれた時代)玉葱作りに転換していった。 「これからは玉葱じゃ。麦なんか作るよりよっぽど儲かる」と機を見るに敏な父も苗を買ってきて植えだした。
このとき、私と妹も一緒に手伝ったので良く覚えているが、母によると、「玉葱なんか一度も作ったことが無いのに思いつきで植えた」という。苗は植えたものの後の手入れが大変だ。12月頃植えて春までほっといていたが、暖かくなると雑草が次々生えてくる。除草剤をやればいいのに、母がさんざん言っても父はやる気が無く、日曜日には私と妹に草取りをして来いと責任を押し付ける。子供の私たちは一応ヘラをもって田んぼに行く。2時間ばかりいやいや草を引くが、父がどこかに行ったのを見計らって帰る。
農家の人には常識だが、農薬なしに作物を作るのは至難の業であることを、この時私は知った。農業で必須の草取りほど地味で根気の要る作業はない。こんなしんどい仕事、親がしないのに子供はするわけが無いのだ。誰も行かなくなった無農薬の田んぼには雑草だけがスクスク育った。
 いよいよ収穫の6月頃には田んぼ全体が雑草に覆われ、何を栽培しているのか、わからなくなっていた。哀れなのは玉葱さんである。雑草をかき分け引いてみると養分を吸い取られた、ラッキョウみたいなのがぐったりして出てきた。我が家の玉葱作りはそれで沙汰止みとなった。

« 円と元 | トップページ | 上海の煙草売りの少年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

父の思い出」カテゴリの記事

コメント

私の村では、 裏作の麦のために田んぼを耕すには備中鍬を使って人力でしておりました。 20mほどの一畝を耕すのに30分ほどかかりまして、農作業のなかでは一番の重労働でした。 私は、小学生の高学年のときから中学校を卒業するまで、 こうした農作業を手伝っておりました。 真夏の草引きも手作業で行っておりました。 家族全員で夏に農作業をしているときは、 10時になると30分ほどかかって家族5人分のアイスキャンデーを買いにいかされました。

とんちゃんさんへ
コメントありがとうございます。昔の農業は重労働でした。人力で畝を耕すのは大変でしたね。私のうちでは農業は早くギブアップしたのであまり手伝っていませんが、玉ねぎ作業は隣の家のアルバイトでよくしました。今は専業農家では機械化されているのですが、兼業では家族労働で手作業でやっているところもかなりあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/45372979

この記事へのトラックバック一覧です: 無農薬玉ねぎ:

« 円と元 | トップページ | 上海の煙草売りの少年 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ