« 父の15年戦争14.満蒙開拓青少年義勇軍 内原訓練所跡 | トップページ | 父の15年戦争16.狼になった義勇隊員 »

父の15年戦争15.哀れだった慰安婦

この記事は2007年4月15日JANJANに掲載されたのを一部訂正、加筆、写真の入れ替えなどしております。

 父は戦後ひょんなことから中国人民解放軍に入り各地を転戦した。そのとき野山や道端に日本兵の白骨化した遺骸がよく転がっていた。父は見つけるたびに埋葬した。中国人苦力、朝鮮人「慰安婦」、白骨の日本人兵士
「そりゃ哀れだった……」

ソ連兵に貞操を提供せよ
 
安倍首相が慰安婦問題で「軍の強制がなかった」といったとき私の母は「戦争を知らんからあんなことをいって、私らもひとつ間違ったら、ソ連兵の相手をさせられた」という。

 私の母は元日赤の従軍看護婦で敗戦前まで満州帝国の首都新京(長春)の陸軍病院に勤務していたが、終戦後平壌まで逃げてきたところをソ連軍につかまった。
 元日赤従軍看護婦の会編「日本赤十字従軍看護婦『戦場に捧げた青春』」には香川県の永安春子さんによる手記が載っている。一部抜粋すると

前略 ここでの思い出は、何と言っても杏樹陸軍病院の一軍医による「ソ連兵に黙って貞操を提供するように」と言われたことである。ある日点呼の際「軍人が軍刀を捨てたのだから、女が貞操を捨てる位何でもない事だ。ソ連兵に求められたら貞操を提供しろ」何というひどい言葉、口惜しくて腹がたったが、軍が滅びても階級意識はまだ強く、将校に対し反発する等は相当に勇気のいる事である。私たちの三福婦長はあえてそれをやってのけた。「軍が滅びて軍刀を捨てるのは当然です。私達は大和撫子です。操は生きている限り守らねばなりません」……悲壮な顔で口を切り、他の婦長も続いて抗議した。この時の三福婦長の姿は大変崇高にして、頼もしく見えました。――

 母は「私の病院の耳鼻科の軍医は看護婦に、お前らはソ連が入ってきたら強姦され、連れて行かれて妾になるんじゃと、早くから言っていた。日本人の私たちに対してさえ、捕虜の弱い立場にたつと、ソ連から命令されたわけでもないのに、保身のためか女衒のようなことをする日本人将校がいたのだから、戦前日本人より目下と見られていた朝鮮人や中国人に強制はなかったなんて考えられない」という。

慰安所はどこにでもあった
P1030300 兵士に湯茶を接待する、※1娘子軍(日本人慰安婦)豊台付近 昭和12年11月15日発行 婦人公論臨時増刊 画報・支那事変早わかりより
 
 父の話によると慰安所は皇軍(日本軍)のいるところどこにでもあって朝鮮人の女性が多かったという。父に聞いた話をまとめると次のようになる。

1) 慰安所は将校用と下士官・兵卒用に別れていた。
2) 慰安所では兵卒・下士官は昼間利用し夜の泊まりは厳禁であった。将校は夜利用した。
3) 兵卒・下士官は朝鮮人女性、将校は日本人女性が相手をした。
4) 上記から人数は朝鮮人女性が圧倒的に多かった。中国人もいた。
5) 将校を相手する女性は「プロ」で朝鮮人女性は「素人」が多かった。
6) 多くは女衒がうまい話をして堅気の朝鮮人女性を騙してつれてきたようだ。
7) 慰安施設は軍の管理下にあった。
8) 交通不便な戦場を移動するには軍の保護がなければできない。

 父は大勢の兵卒を相手にする朝鮮人「慰安婦」は哀れだったと言った。これらのことから慰安所は日本の植民地や占領地域の他民族に対する差別があり、旧日本軍の階級差別に組み込まれていた。父の話によると旧日本軍の階級差別は絶対的で、たとえば新兵の訓練の時でも将校は直接教えず上等兵や下士官が当たった。将校は兵卒にとって雲の上の存在だった。慰安所は「将校は格上の日本人、兵と下士官は格下の朝鮮人と中国人が相手」となっていた。

 「慰安婦」に朝鮮人女性が多かったのは、将校と兵・下士官の人数比から考えると理解できる。

 大まかに言って旧日本軍は一個中隊(約200名)を将校5~6名が指揮をした。連隊本部・師団司令部など上級の機関は将校の割合が多いことなどを勘案しても将校の約30倍の兵・下士官がいたと考えられる。

 このことから単純に考えても兵卒・下士官の欲望を満たすには、将校の約30倍の「慰安婦」をそろえなければならない。将校は数が少ないので日本人の「プロ」だけで数が足りるが、一般兵卒・下士官は大量の相手がいる。

 盧溝橋事件までは外地に駐屯する兵隊も少なく兵卒用「慰安婦」も日本人女性だけでたりたが、戦争が拡大すれば兵隊も増え慰安所も膨らむ。

 そこで安定した支配地域である朝鮮半島や台湾から女衒をつかって無理に堅気の若い女性を連れてきたと思われる。また占領地では軍の威迫下に地元の中国人女性が連れてこられたことが多かった。

 これらは植民地や占領地だから出来たことで、内地でやれば犯罪になるし社会不安が増大する。しかし日本人「素人」女性でも貧困層で兵卒相手の「慰安婦」にしたてられることがあり、いわゆる大陸の花嫁(※2)募集などで、つられて騙された例もある。
P1030301 昭和35年5月15日双葉社発行「特集 実話特報 第18集」より

 兵卒相手の「慰安婦」は需要を満たすほど集められなかったためか、多人数相手の過酷な「接待」が求められた。

哀れだった
 
父は自身の戦争体験を話す時しばしば「そりゃ哀れなもんだった」と慨嘆した。初めて満州の地についたとき「義勇軍」訓練所予定地では、内地から来た土建屋がたくさんの苦力を雇って道路を造り、宿舎を建てていた。
「わしらはクリーと呼んでいてアンペラ小屋(コーリャンの茎で編んだムシロをかけただけの粗末な小屋)に住んでいた。中国人労務者は病気や怪我をしても外に放り出されて、後は野となれ山となれだった。日本人の監督は手荒く、最初の頃は、こんな事をしてもええんかいなと思うことが多かったが、1年もいると慣れてしまった。クリーは逃げないようにアヘンも吸わされていた。哀れなもんだったよ」

 父は戦後ひょんなことから中国人民解放軍に入り各地を転戦した。そのとき野山や道端に日本兵の白骨化した遺骸がよく転がっていた。父は見つけるたびに埋葬した。「日本から遠く離れた外地で……そりゃ哀れなもんだった。数十体は埋めたが一緒にいた人民解放軍の同僚はわし一人でさせなんだ。みんな手伝ってくれた。昭和28年舞鶴に帰還したとき援護局に屍の下に落ちていた兵隊の認識票(※3)を渡した」という。
 中国人苦力、朝鮮人「慰安婦」、白骨の日本人兵士、哀れだった……。

※1娘子軍(じょうしぐん):中国語でもとの意味は女性だけの軍隊のことだが、戦前日本では売春婦の集団のことを言った。

※2大陸の花嫁:戦前、満蒙開拓団や青少年義勇軍の適齢期の男性に内地から花嫁を嫁がす政府の政策に応えて満洲に渡った女性たち。

※3認識票:日本の兵隊は番号の入った金属製の認識票をひもで通して腰にくくっていたので、戦死しても所属部隊や名前が分かった。

« 父の15年戦争14.満蒙開拓青少年義勇軍 内原訓練所跡 | トップページ | 父の15年戦争16.狼になった義勇隊員 »

父の15年戦争 JANJAN記事」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/46549638

この記事へのトラックバック一覧です: 父の15年戦争15.哀れだった慰安婦:

« 父の15年戦争14.満蒙開拓青少年義勇軍 内原訓練所跡 | トップページ | 父の15年戦争16.狼になった義勇隊員 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ