« 母の一周忌 | トップページ | フクイチ凄まじい水蒸気爆発 »

日本SOS

フクイチ地下は溶融デブリで煮えたぎっている

久しぶりに記事を書きます。

今日午後7時前、4号機側のフクイチ、ライブカメラを見ていたところ、

煌々と赤い炎が見え、最初小さな橙色だったのが、次第に大きく広がり、白色光になり一時間以上、続いていた。

4_2

3月ごろフクイチのライブカメラを見ていて水蒸気が異様にもくもく立っている日が多いことに不思議を感じていた。しかし新聞やテレビなど大手マスコミは何も報道しない。

そんな中、飯山一郎氏のホームページを知った。フクイチが昨年12月ごろより再臨界をおこし、今年4月中ごろより中性子線を出す核種が観測され始めているという。今や溶融デブリは地下水や海水に接触し始め大規模な水蒸気爆発をおこし、放射性水蒸気が日本全国のみならず、北東アジアまでただよっている。日本はもはや致命的段階にさしかかっていると飯山氏は警告している。

« 母の一周忌 | トップページ | フクイチ凄まじい水蒸気爆発 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/60548924

この記事へのトラックバック一覧です: 日本SOS :

« 母の一周忌 | トップページ | フクイチ凄まじい水蒸気爆発 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ