« フクイチ凄まじい水蒸気爆発 | トップページ | お正月と餃子 »

父の15年戦争戦後編(3)関東軍第八病院

 600x3802014012504243

軍用列車が着いたところは満州東部の要衝、牡丹江(ぼたんこう)の町だった。その牡丹江を見下ろす高台にソ連軍が接収した第3軍の軍司令部、掖河(えきが)がある。そこには関東軍第8病院、武器弾薬庫、その他さまざまな施設が集積していた。

私が子供のころ、両親は戦後満州に駐留していたロシア人のことをよく話題にした。

母は自分が小柄な体格なので、いつもロシア人の女性兵士に頭をなでられて子供のように扱われたことを、根に持っていた。「ロシア人の子供はすごくきれいでお人形さんのようだった。けど大人になるとあまりに彫が深すぎていやらしくなる。それに、二十代なかばになると、誰もかれもぶくぶく太ってきて、あのデブの政治委員、体に似合わずまるでオペラ歌手のようだったわ、声だけが。肥えると声帯がよくなるのかなあ…」

父はおどけて、病院内の豊満なロシア人看護婦の腰に抱きついたことがあるという。「わしは当時身長175センチで体重38キロぐらいまで下がっていて、担当の看護婦の半分もなかった。それでうらやましくもあり、若気の至りで、ウエストが何ぼあるのか図ってやろうと思った」

怒りのナターシャは腰をひとひねりすると、哀れな重病人は十間もぶっ飛ばされたという。

やがて春になりソ連軍は引き上げることになり、代わりに東北民主連軍(八路軍)が進駐してきて父は引き渡された。

一ヶ月ほど療養するうち病状も回復してきて帰国できる可能性が出てきた。

病人は優先的に帰国でき、招待所で国民党の支配地区(満州南部)にうつされるまで待っていたのだが、そこで一組の夫婦と出会うことになる。そのとき夫婦のうち妻は病弱で国民党地区にすぐ移動できるのだが夫のほうは立派な体格で健康なので次になるという。

離れ離れになる夫婦は泣きながら担当者と交渉していたが、埒があかない。父は見かねて夫と替わってやることにした。父は22歳独身で身軽だったので少しぐらいは帰るのが遅くなってもいいと、一種の義侠心から残ることにした。

« フクイチ凄まじい水蒸気爆発 | トップページ | お正月と餃子 »

父の15年戦争 戦後編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/54790213

この記事へのトラックバック一覧です: 父の15年戦争戦後編(3)関東軍第八病院:

« フクイチ凄まじい水蒸気爆発 | トップページ | お正月と餃子 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ