« 平瀬さん(2) | トップページ | ただっきゃのおばちゃん »

父の15年戦争戦後編(6)ウー主任①

階級のない軍隊

父が八路軍のことを話すとき、ウー主任という人物がよく登場する。父を八路軍に入れたのもこの人物らしく、その後部隊でも長い間一緒に行動していたようだ。

父が中国の組織を論じるとき「中国では主任という役職は組織の中でも地位が高い」とよく言っていた。日本の会社で主任というのは平社員の次に進む監督職だが、中国ではずっと高いという。

当時八路軍では階級がなかった。旧日本軍の場合、二等兵に始まり、伍長、軍曹、などの下士官、尉官、佐官、将官、最高位は大将で様々な階級があって、一つ階級が違えば天地ほどの差がある。上からの命令は絶対で戦闘中逆らえば射殺されても仕方がない。

軍隊という非常な組織が、革命の平等思想、理想主義を高く掲げた時代に父は遭遇した。それでも「指揮官と兵の違いはある。これがなければ烏合の衆で部隊長や指揮官は襟章でわかる」という。

もう一つ八路軍は独特の軍隊制度があった。各級部隊には政治主任というのが配置され、部隊長並みの権限をもっていて、思想や政治指導を行った。また軍事作戦についても参謀長なみの見識もった政治主任も多く、鄧小平などは生粋の軍人ではないが、解放戦争時には数々の作戦を成功させた戦歴を誇っている。

続く

« 平瀬さん(2) | トップページ | ただっきゃのおばちゃん »

父の15年戦争 戦後編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/69266971

この記事へのトラックバック一覧です: 父の15年戦争戦後編(6)ウー主任①:

« 平瀬さん(2) | トップページ | ただっきゃのおばちゃん »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ