« 父の15年戦争戦後編(6)ウー主任① | トップページ | 平瀬さん(3) »

ただっきゃのおばちゃん

2月14日ただっきゃのおばちゃんこと、川原松恵さんが亡くなった。94歳とのこと。「ただっきゃ」とは阿万小学校の校門近くにある文房具店のことで、誰も本名の川原店とは呼ばず、「ただっきゃ」あるいは、たの濁点をとって「たたっきゃ」とも呼んでいる。

戦後、阿万小学校に在籍していた人は、この店で文房具を買い、学校に通った。駄菓子を買って食べ、ジュースを飲みながら、友達と店の前でおしゃべりをしながらすごす、社交場でもあった。お気に入りの雑誌の発売日を待ちかねて一日に何回も来たり、おばちゃんの目を気にしながら、立ち読みしたり、また「当てもん」に夢中になり、小遣いを使い果たし悔んだり、なにかと思いで深い店であった。

長女が小学校の時、私はPTAの役員をしたことがあり、年一回発行する、「心の広場」という雑誌の編集責任者だった。その本の企画で、ただっきゃのおばちゃんのインタビューを記事にした。一番聞きたかったことは奇妙な店の名前の由来である。

おばちゃんいわく、昭和元年に榎本ただきちという人が始めて、「ただっきゃん」という愛称が、いつの間にか、「ただっきゃ」というようになったそうである。

おばちゃんの、あんこ型の体格から発射される迫力あるおしゃべりで、圧倒された。「文房具屋なんかビンボウ具屋といわれるくらいもうからん」とか「今の子供は、お菓子を食べたあと散らかしまくって片づけん」とか「親も子供二人連れてきて50円しか使わん。こまかいでー」とか辛口の言葉がビシバシ飛んできた。

最後に店とは切っても切れない万引きの話になる。今も昔も万引きをする子はいるが、やったらすぐわかるのでそれとなしに諭す。「ボクなあ、そんなことしたら、おばちゃんずーっと覚えとるで、大きくなってもあんたのこと、そんな子やとおもうてしまうし、ボクかて心の中に傷をずーともっていかなあかんし」

また二人連れの女の子で先に帰った女の子が出て行ったあと品物がなくなっていたので連れの子に言うと「泣きながら金をもってきた」という。「おばちゃん誰にも言わんから気に知られんと」慰めたという。言葉はきついが、やはり子供相手で、商売にも親の気遣いが感じられた、ただっきゃのおばちゃん。ご冥福をお祈りいたします。

Dsc03021

« 父の15年戦争戦後編(6)ウー主任① | トップページ | 平瀬さん(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1349367/69660451

この記事へのトラックバック一覧です: ただっきゃのおばちゃん:

« 父の15年戦争戦後編(6)ウー主任① | トップページ | 平瀬さん(3) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ