« 私の家族の終戦記念日 | トップページ | 明日9月1日から新疆ウイグル自治区に行ってきます »

新疆ウィグル自治区に行ってきます

新疆ウィグル自治区ツァー第二陣

来月中国在大阪総領事館が主催する第二次新疆ウィグル自治区ツァーに参加できることになりました。本当は6月に行われた第一陣に参加したかったのですが、私はコロナのワクチンを打っていないし、マスクも慢性鼻炎でほとんどしないので、厳格なコロナ対策をしていた中国に入れないだろうと遠慮していました。

それでこの度第二陣が実施されるということで、ダメ元で応募しましたところ、リモートで面談をするということで、総領事館の方とお話をし、良い感触で参加できることになりました。

キルギスに馬を買いに行った

25年ぐらい前に日本人がキルギスの反政府組織に人質となり、日本政府に身代金が要求された事件があった。テレビでそのニュースが報じられたとき、一緒に見ていた父が、テレビに流された風景を見て、「わしゃ、このあたりに馬を買いに行ったことがある」と言った。

父は常々「わしゃ、あの広い中国は隅々まで行った、そりゃ広い、あんな広い国はない」と言っていたので、チベットも行ったことがあるのか「いやチベットは行っていない」延安は行ったのか「いや行ったことはない」海南島は「ない」まあ追及するとぼろが出るので、私は話半分に聞いていた。

テレビでキルギスの風景を食い入るように見ていた父は馬の話をしだした。「この辺は馬の産地で蒙古馬やアラブ、なんかみなこの辺の馬から出たものだ、汗血馬という名馬がいて、中国では垂涎の的だった」

父の熱のこもった話を聞いているとほんとかなとも思えてきた。話は続く「中国では南船北馬と言って交通の手段は北と南でまるで違う南は河や運河が多く、船が主な移動手段だが北は馬が主要な交通手段だ」

父は人民解放軍の総後勤部で通称「馬部隊」で獣医をしていた。父は馬の話をしだすと止まらない。

「北の馬が南へ移動すると、睡虫病という病気にかかる。馬が歩きながら眠ってしまう病気で、寄生虫が原因だとわかったがこれには困った」

それで?「色々調べると香港に特効薬があるとわかった。当時イギリス、フランスが獣医学で先進国だった。それで人を派遣して買ってきた」父はその功績で大功という名誉ある勲章を2度授与されたという。キルギスと新疆ウィグル自治区は隣り合わせで、広い草原を何百頭もの馬を追う父の姿が目に浮かぶ。

 

 

 

« 私の家族の終戦記念日 | トップページ | 明日9月1日から新疆ウイグル自治区に行ってきます »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

父の15年戦争 戦後編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 私の家族の終戦記念日 | トップページ | 明日9月1日から新疆ウイグル自治区に行ってきます »

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ